インプラント2本とセラミックを用いて審美修復を行った症例

 

 

 

 

 

 

初診時の写真です。左上の前歯の保存を試みましたが、結果的に2本抜歯をして、インプラント治療をすることになりました。

 

 

 

 

 

 

骨の厚みが足りなかったため、骨造成を行い、さらに結合組織の移植を行って歯茎のボリュームも大きくしています。

 

 

 

 

 

 

 

写真に写っている6本の歯のうち、右から2番目、3番目がインプラントで、4番目はセラミックの被せ物になります。5番目の被せ物は歯と被せ物の境目が見えていますが、ご希望がなかったため審美治療はしていません。

 

2018.12.01
みずほデンタルクリニック
〒920-0348
石川県金沢市松村4-462 map
インプラント
審美歯科
  • インプラント症例
  • 審美歯科症例