日本と国外の予防歯科への認識の差

最近では、歯の治療についての重要性が日本でも認識をされるようになってきました。
そのため、そのことを理解している人は、予防的に歯医者,歯科を受診するようになっています。
しかし、海外と比較をした時、まだまだ歯の治療について認識が違うことが言われています。

外国の先進国では、歯の健康についてとても重要と捉えられています。
そのため、予防的に歯医者,歯科を受診す人が多いです。
ところが、先進国の代表である日本はどうでしょうか?
日本は、まだまだそのような考えになっていないのです。

それは、多くの人が歯の健康について認識が薄いと感じます。
歯の治療については、歯がいたくなってから歯医者,歯科にいくという人が多いからです。
そのことは、先進国でありながら、歯の健康についてはまだまだ遅れていると言えますね。

進んでいる国として、健康面でもとても認識が高くなっています。
そして寿命も世界一となっているのです。
そんな世界一となっている国なのに、歯の健康の認識が遅れているというのは、とても残念な事ですね。

健康維持で大切なことは、食事を美味しく食べることです。
美味しい食事を食べるためには、自分の歯を健康に保つことが大切です。
そしてそのためには、予防的に歯科受診をすることが重要ですね。

予防的に受診をすると、その他の歯の健康についても守ることができます。
歯の場合は、隣の歯の健康の心配されます。
痛くなってから受診をすると、その歯だけではなく、その他の歯の健康も悪くなると認識しておきましょう。

2016.11.26
みずほデンタルクリニック
〒920-0348
石川県金沢市松村4-462 map
インプラント
審美歯科
  • インプラント症例
  • 審美歯科症例