歯根破折の原因と治療

歯はとても丈夫ですが時として折れたりすることがあります、これが歯根破折とも呼ばれています。
虫歯の治療などで歯科の歯医者に通っている人も治療中の歯が負荷に耐えれなくなり折れてしまうこともあるからです。
歯を削るとやはりそれだけもろくなってしまうことには変わりませんので出来るだけ削らない治療の方が望ましいです。
また子供に多いのが転んで歯を強打することですね、地面などで歯を打ってしまい折れてしまうことです。
傷が浅いうちに歯科の歯医者にかかるのがよいでしょう。
歯をできるだけ長く健康的にするには歯を削りすぎないのがポイントですね、特に虫歯などで重傷の場合で神経を取ってしまうと折れやすくなります。
歯に栄養が行かなくなり枯れ枝のごとく折れやすくなるのです。
それに歯が折れてしまうとその部分に水などが入り雑菌が繁殖して悪化する可能性が高くなります。
歯茎の中に侵入して膿を持ち歯茎が腫れて大変な事態にも進行してしまうことも出てきます。
このように歯根破折は大変なことにもなりますしまた気づきにくい点も出てきますのでおかしいなと思ったら歯科の歯医者にかかるのがよいことですし無難です。
治療後のかぶせ物をしている人は突然外れたりして来ることもありますのでそのような時は疑ってみるといいです。
大切な歯はいつまでも残しておきたいものですし末永く使う大事なものですのでぶつけたり折れたりして違和感を感じた場合にはすぐにも見てもらいましょう。

2016.11.21
みずほデンタルクリニック
〒920-0348
石川県金沢市松村4-462 map
インプラント
審美歯科
  • インプラント症例
  • 審美歯科症例