根治するまでにどのくらいの期間が必要なのか?

虫歯の進行状況が深刻だと、虫歯菌に侵された部分を取り除くだけでは治療が終わりません。虫歯が神経までに達している場合には、歯医者はその部分も取り除きます。そうしなければ虫歯の痛みが引かないだけでなく、虫歯菌が拡がっていく恐れがあるからです。歯科で神経を取り除いてからは、入念な消毒を行いつつ薬剤を詰めていく事になります。その治療は歯医者用語で根治と呼ばれているものです。根幹治療を略した言葉である根治は、完了するまでに何度も通院する必要があります。歯科の設備や虫歯の状況にもよるので、通院回数に関しては読み難いのが実情です。通院が1回で終わる場合もあれば、5回以上の通わなければならない事もあります。そして短期間で歯科へ何度も通うのは現実的ではありません。なぜなら患者の容態の経過観察もサービスの一環だからです。治療を急いでしまうと経過観察を怠る事になり、別のトラブルを引き起こしてしまう事もあります。だから通院回数が少なかったとしても、1ヶ月以上の治療期間が設けられるのは珍しくありません。通院回数が多い上に治療が慎重に行われていると、半年以上の通院が必要になる場合もあります。ですが根治に至る虫歯は重大なトラブルです。治療方法を誤ってしまうと、食事やうがいの際に痛みを伴う事態もあり得ます。歯の痛みを消す目的で虫歯の治療を行っているのに、痛みが長引いては本末転倒です。重度の問題の場合に歯医者が慎重になって根治が半年以上になる事は珍しくないという事です。

2016.10.08
みずほデンタルクリニック
〒920-0348
石川県金沢市松村4-462 map
インプラント
審美歯科
  • インプラント症例
  • 審美歯科症例