差し歯による歯茎の変色(メタルタトゥー)は、元に戻せますか?

歯医者さんに行って差し歯にしてもらった方の悩みのひとつに、歯茎が変色してしまうというものがあるかと思います。結論から言うと健康面で悪影響は無いと言われていますが、せっかく差し歯にしたのに歯茎の色が悪いとなると見た人の印象も悪くなってしまう可能性があります。
この差し歯による歯茎の変色をメタルタトゥーと呼ぶのですが、その名の通り土台の部分にメタルつまり金属を使用すると表れる現象で、金属から変色させる物質が歯茎に移って色が悪くなってしまうんです。
ではこのメタルタトゥーを解消することが出来るかというと、歯科医院に行って金属以外の土台に変更することにより解消可能です。非金属の土台として代表的な物がいわゆるファイバー素材と呼ばれるもので、審美歯科のような専門的な歯医者さんで治療してもらうのが良いでしょう。審美歯科で土台の変更を行う時には保険適用ではありませんので、高額になるケースが多々あることをお忘れないように。
また土台の変更以外にも変色してしまった歯茎を元に戻す方法はあり、歯茎に医療用のレーザーを当てて、染まってしまった色素を取り除くというやり方です。これは土台がしっかりしていて欠けなどが生じていないケースで有効ですが、土台が損傷しているような時にはやはり変更をするパターンが多くなっているようです。
歯科医院に行けば黒くなった歯茎を戻すことは十分に可能ですが、土台がしっかり機能している様な場合は安易に変更するべきではないとも言われていますので、歯医者さんとしっかり相談をするのが感じんかと思います。

2016.10.11
みずほデンタルクリニック
〒920-0348
石川県金沢市松村4-462 map
インプラント
審美歯科
  • インプラント症例
  • 審美歯科症例